So-net無料ブログ作成
検索選択

元厚生次官ら連続殺傷事件 小泉被告にきょう午後、判決 (産経新聞)

 元厚生次官ら連続殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われたさいたま市北区、無職、小泉毅被告(48)の判決公判がきょう30日午後1時半から、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)で開かれる。小泉被告はこれまでの公判で犯行について、一貫して「飼い犬を殺されたあだ討ち」などと主張。検察側は死刑を求刑している。

  [フォト]「チロちゃん」に対する小泉被告の偏執的な愛とは…

 小泉被告は昨年11月末の初公判で起訴事実は認めたものの、「無罪を主張する。私が殺したのは人ではなく、心が邪悪な魔物」などと述べた。被告人質問では「決起を実行して誇りに思う。自分自身を褒めてあげたい」と発言するなど、遺族や被害者への謝罪の言葉はなかった。

 起訴状によると、小泉被告は平成20年11月17日夜、元次官の山口剛彦さん=当時(66)=夫妻をさいたま市内の山口さん宅で刺殺。翌18日夜、東京都中野区の元次官、吉原健二さん(78)宅で、吉原さんの妻、靖子さん(73)を包丁で刺して殺害しようとしたほか、元社会保険庁長官の横尾和子さん(68)と家族の殺害を計画したなどとされる。

【関連記事】
元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論要旨「人間性を失っていない」
元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(上)被告は心神喪失か耗弱 弁護人、検察側鑑定を厳しく批判
「自らの命をもって償う以外にない」そのとき被告は体をねじり…
元厚生次官ら連続殺傷 「マモノとは何か」とただす裁判官 被告は「あだ討ちだった」
元厚生次官ら連続殺傷 弁護側の精神鑑定を却下 被告は「心臓めがけて狙った」

電車内で「目があった」と児童数回殴る 47歳の男逮捕(産経新聞)
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告(産経新聞)
産経志塾「立派な日本人が日本をつくる」(産経新聞)
時効を問い直した足利事件 廃止の流れ進む(産経新聞)
浅田真央、高橋大輔選手ら春の園遊会に(読売新聞)

「参院選後は政界再編」=民主・渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は31日、都内で講演し、今後の政局について「民主党は(国民の)期待に応えていない。自民党はあした(にも)なくなってしまうという状態だ。従って私は、参院選が終わった後で思い切った政界再編が行われ、次の新しい時代の政治が生まれると考えている」と述べ、参院選の結果次第では政界再編もあり得るとの見方を示した。 

九州西岸で海面が大きく上下=沖縄は強風、注意を−気象庁(時事通信)
満額支給、修正を示唆=子ども手当、給食費にも−仙谷戦略相(時事通信)
事務いすで“力走” 京都でユニークな耐久レース(産経新聞)
脳卒中地域連携パス、標準化へ―東京都(医療介護CBニュース)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)

交通死1000人超す=昨年と同じ日に−警察庁(時事通信)

 警察庁は24日、今年の交通事故死者数が23日に1003人となったと発表した。年間死者数が57年ぶりに5000人を下回った昨年同期より9人(0.9%)少ない。1000人を超えた日は昨年と同じで、日付別の統計が残る1970年以降では最も遅い。
 都道府県別の累計死者数は愛知53人、神奈川45人の順に多く、最少は山形富山の4人ずつ。増加幅が大きいのは愛知と北海道(39人)の12人増ずつで、減少幅は大阪(43人)の17人減が最大。 

【関連ニュース
「光る標識」で事故死7割減=交差点やカーブに集中整備
不慮の事故死、なぜ地域差?=最高の高知、沖縄の2.7倍
年末年始の交通死86人=過去2番目の少なさ
交通死5000人下回る=57年ぶり、昨年4914人-9年連続減・警察庁
交通死4000人、最遅ペース=年間5000人下回る可能性

ハイチPKO部隊を激励=隊長らとテレビ電話会談−北沢防衛相(時事通信)
定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案(読売新聞)
郵政改革案への異論に亀井氏「首相了承済み」(読売新聞)
<名誉棄損>ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める(毎日新聞)
雑記帳 謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)

完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料−厚労省08年調査(時事通信)

 厚生労働省は18日、自営業者らが加入する国民年金保険料納付状況などに関する実態調査結果を公表した。2008年3月末時点の加入者約1831万6000人のうち、過去2年間の加入期間にまったく保険料を納めなかった完全滞納者は3年前の前回調査より62万7000人少ない433万人だった。しかし、一度も滞納がない完納者は794万5000人で、完納率は前回より3.4ポイント悪化して43.4%と過去最低となった。
 調査は3年に1度実施。今回は08年3月末時点で20〜59歳の国民年金被保険者6万人を対象に行ったサンプル調査(回収率37.8%)を基に推計した。
 それによると、完全滞納者の割合は前回より1.4ポイント減って23.6%となり、一部滞納者がほぼ横ばいながら、完納者の割合が減った。05年度に低所得者向けの保険料免除制度が拡充され、長引く景気低迷の影響で若年層を中心に免除者が増加したことが影響している。
 滞納理由は「経済的に支払うのが困難」が64.2%と最も多く、「年金制度の将来が不安・信用できない」(14.3%)などが続いている。 

【関連ニュース
「消えた年金」問題でアピール=パネル使い熱弁
年金債務、一括計上へ=企業財務を透明化
厚年基金・健保記録で年金回復へ=新たな基準案検討
事後納付を10年に延長=国民年金法改正案を閣議決定
最大40万人の無年金救済も=後納期間延長で

壁画どこへ行く 高度成長期の最先端「西長堀アパート」(産経新聞)
「強権的、独善的」生方氏解任で自民、谷垣総裁(産経新聞)
幻の銘酒も…越後の蔵元一堂に にいがた酒の陣2010(産経新聞)
<マニフェスト>研究会の3会長人事決まる 政府・民主党(毎日新聞)
北方四島のビザなし交流に入港税「受け入れは困難」 政府答弁書(産経新聞)

波元会長にきょう判決=無罪主張、求刑懲役18年−「円天」詐欺事件・東京地裁(時事通信)

共産の新ポスター「政治を前へ」(時事通信)

 共産党は15日、参院選に向けた同党の新しいポスターを発表した。志位和夫委員長の顔写真の横に「貧困なくし 平和な日本に 政治を前へ」とアピール。暮らしや平和の面で政治を前進させてほしいという国民の願いに、党として積極的に応える決意を込めたという。13日から全国で掲示しており、参院選の期間中も使用する予定。市田忠義書記局長は「積極的に張り出して、ポスターで党の風を吹かせたい」と語った。 

【関連ニュース
「桃鉄」キャラを無断使用=風俗店経営の男を書類送検
参院選へ募る危機感=国民新、「郵政」後の旗印に不安も
22日は「吸わん吸わん」=白鳥をロゴに、毎月禁煙デー
相武紗季さんが追突事故=信号待ちの車に、けがなし
親族へ優先提供可能に=改正臓器移植法、17日一部施行

一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響(産経新聞)
<官房機密費>半年で3.6億円 未使用分は返納へ(毎日新聞)
高校無償化 朝鮮学校、一転適用へ 教科書は金総書記の決裁必要(産経新聞)
<中井拉致担当相>「首相は超のんき」朝鮮学校無償化で批判(毎日新聞)

小沢幹事長、趣味の釣りでリフレッシュ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が伊豆諸島の八丈島を14日に訪ね、漁船に乗って趣味の釣りを楽しんでいたことが15日、関係者の話でわかった。小沢氏は最近、参院選対策の全国行脚を続け、週末もほとんど休んでいおらず、前日の13日は熊本市での当選1回の衆院議員のパーティに参加していた。関係者によると、小沢氏は疲れた様子もみせずに飛行機で八丈島へ飛び、知人の漁船に乗り込んだという。

 小沢氏は、自身がからむ「政治とカネ」の問題で逆風を受けているが、リフレッシュの時間が必要だったようだ。

 小沢氏の釣り好きは有名で、昨年10月には、千葉県の大原沖で体長約50センチのタイをつり上げた。今年1月8日に国会内で伊豆諸島の首長らに東京都議補選の協力要請をした際には、「キンメダイが捕れるのか。いいな。自分も八丈島とかにしょっちゅう行って世話になっている」と笑顔で語っていた。

野口宇宙飛行士 実験棟のロボットアーム組み立て作業(毎日新聞)
温暖化ガス削減「果たさねばならぬ」=鳩山首相(時事通信)
直接払い、10年度末まで実施猶予=出産一時金、医療機関に配慮−厚労省(時事通信)
公明、子ども手当法案に賛成へ=与党が修正受け入れ、高校無償化も(時事通信)
非核三原則の堅持強調=岡田外相(時事通信)

東京・文京区長、男性首長初の育児休業取得へ(産経新聞)

 東京都文京区の成沢広修(なりさわ・ひろのぶ)区長(44)は11日、2月に長男が誕生したことを受け、4月3日から15日まで「育児休業」を取得することを明らかにした。成沢区長は自らが率先することで、男性が育休を取得しやすい環境づくりに一役買いたいとしている。区によると、地方自治体首長の育休取得は男女合わせて初とみられる。

 成沢区長は毎日朝6時に起床し、長男を沐浴(もくよく)をさせてから登庁している。妻、恵美さん(40)は印刷会社の取締役で現在は産休中。成沢区長は「自分も父親として育児の大変さや喜びを受け止めることにした」と取得理由を説明した。

 一方で、「私が育休を取るからには、男性職員が育休を取っても、昇進が遅れることはないようにする」と、現在0%の区の男性職員の育休取得率を上げていくことに意欲を示した。

 総務省によると、自治体の首長ら特別職が育休を取得する法的な根拠はないという。成沢区長の場合、形式的には「有給休暇」となる。区は6月の定例議会に、特別職の育休などに関する条例案を提案し、育休中は報酬が5割に減額されるなどの仕組みを整える。

 成沢区長は「最近は若い首長も増えており、各自治体も特別職の育休制度を整える時代だ」としている。

 成沢区長は平成3年に文京区議に初当選。区議を4期務めた後、19年に民主、自民、公明の推薦を受けて区長選に出馬し初当選した。

【関連記事】
待機児童増え、母は復職断念…ベネッセ調べ
仕事との両立「辞めたら子育てどころか…」
パパの75%「育児より仕事」 「職場に迷惑」育休取れず
家庭と仕事の両立なるか…増える「産休切り」
国家公務員、女性の育休取得97.3% 男性は微増
20年後、日本はありますか?

<ユーチューブ>逮捕の発端に バイクで時速188キロ(毎日新聞)
<大阪女児死亡>脳に衝撃原因か 健診一度も受けておらず(毎日新聞)
【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(下)戸籍、墓も個人単位(産経新聞)
西島大氏死去(劇作家)(時事通信)
首相動静(3月3日)(時事通信)

日米密約「3密約を認定」有識者委員会(産経新聞)

 日米4密約問題を調査した外務省有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)は9日、報告書を岡田克也外相に提出した。昭和35(1960)年の日米安全保障条約改定時の核持ち込み容認と、47年の沖縄返還時の原状回復費肩代わり、朝鮮半島有事の米軍出動をめぐる合意の3つを密約と認定。44年の沖縄返還決定時の沖縄核再持ち込み合意については、政府内で引き継がれていないことなどを理由に密約としなった。

 政権交代を受け、岡田外相は「国民の理解と信頼に基づく外交」実現に向けて取り組んだ。被爆国でありながら米国の「核の傘」に依存してきたことを背景に形成された一連の密約を同委員会は「政府のうそと不正直」(報告書)と評価した。ただ「持ち込ませず」などとした非核三原則と矛盾する密約の内容を今後、鳩山内閣が対米外交上、どう扱うのかが焦点となる。

【関連記事】
同盟を弱める「密約」の全容開示
密約文書開示訴訟 国側が棄却求め結審
密約報告「3月末までに」 外務省有識者委員会
「日米関係にひび入り始めた」 鳩山外交で北の機関紙
佐藤元首相の密約文書(上)当時はやむをえない決断
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

野口宇宙飛行士 無重量の宇宙で「おもしろ実験」(毎日新聞)
舛添、河野氏「人心一新」促す(産経新聞)
城東の強盗事件 容疑で男逮捕 ゲームソフト店(産経新聞)
作業員死亡で社長逮捕 汚水槽事故 安全対策怠った疑い(産経新聞)
子ども手当満額支給 首相「国債発行してまで…」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。