So-net無料ブログ作成
検索選択

痴漢で起訴の愛知県職員に無罪…繊維鑑定シロ(読売新聞)

 電車内で痴漢をしたとして、県迷惑防止条例違反に問われた愛知県一宮市、県主幹・岡野善紀被告(52)の判決が18日、名古屋地裁であった。

 伊藤納裁判長は、岡野被告に無罪を言い渡した。

 岡野被告は、2008年12月8日午前7時45分頃から約15分間、名鉄名古屋本線の特急電車内で、28歳だった女性の両足の間に背後から右足を差し入れた、として起訴された。

 検察側は「被害者と目撃者の証言は信用できる」として罰金50万円を求刑していた。弁護側は、「被害者のズボンには、岡野被告のコートやズボンの繊維は付着していなかった」とする逮捕直後に行われた繊維鑑定の結果などから、「許し難い冤罪(えんざい)」と主張していた。

【中医協】地域特性に配慮した診療報酬、次回以降に再協議(医療介護CBニュース)
<JR千歳線>線路に破断 1万5000人に影響(毎日新聞)
福井さん、上原さん通夜しめやかに 羽曳野3人殺害(産経新聞)
不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)
<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。